チマタの話題

2018.4.6

山形の旬材を使った、旅するローカルフードのカフェ。

2018年5月号(163号)トピックス

香澄町「フォーラム山形」の通りにオープンしたシアターサイドカフェ『SLOWJAM』。“旬の山形の食材をつかって、世界を旅する料理”を指針に、店主が世界各地を旅して触発されたローカルフードを山形の旬材を中心に仕立てた料理をはじめ、映画作品を着想にしたスイーツ、カフェメニューを味わえる。コーヒーは中山町長崎『YUKIHIRA COFFEE』の焙煎豆を使用したこだわりの一杯を、アルコールドリンクは、山形県産日本酒の希少銘柄や、イギリス・欧米、京都など世界各地の小規模醸造所で造られたクラフトジン、自然派ワイン(ヴァンナチュール)を中心に取り揃えるなど、瀟洒な空間でゆったり味わうに相応しいメニューの提供を日々探求しているという。

 

ヘリンボーンの床や、オリジナルデザインで造作したテーブルが調和した店内。

 

サーディンサンド〈右〉、キーマ&スピナッチとパニール(チーズ)の玄米カレー〈左〉

 

フードやドリンクはほぼ全品がテイクアウトが可能で、自家製のチーズケーキやショコラテリーヌも人気。今後は、同店で使用している「次年子窯(大石田焼)」のSLOWJAMオリジナル食器や地元作家のクラフト品の販売、天童の果樹園「マルツネファーム」のドライフルーツなど加工食品の販売、さらには、隣接する映画館やさまざまな地元イベントとの連動企画、パーティプランの提供や会食イベントの対応なども予定しており、飲食を通し多様なシーンで人々が利用・交流できる拠点としても注目したいカフェだ。

 

SLOWJAM(スロージャム)

山形県山形市香澄町2-8-1-1F フォーラム山形駐車場入口脇
023-687-1320
11:30〜22:00(21:00LO)
不定休


過去の記事

ソリッドで、潔くて、突き抜けてて…。豊穣な土地と豊富な食材が揃う山形だからこそ、こんな店があってもいいと…

上へ