特集の傍流

2016.11.9

山形の建築・土木業界の明るい未来を支える若手技術者たち。

2016年12月号(146号)
武田康平さん(渋谷建設株式会社)
沼澤亜由さん(松田建設株式会社)
斎藤俊祐さん(株式会社田村測量設計事務所)


日本の土木・建築業界の「若者離れ」は昨今、なかなかに厳しい状況にある。しかし、東日本大震災を始めとする震災や、2020年に開催される東京オリンピックに向けて業界の人材はますます必要とされる。最近では土木女子、略して「ドボジョ」と呼ばれる女性の土木技術者の活躍が増えていることもあり業界の環境は変化しつつあるのは確かだ。小学生がなりたい職業のランキングトップ10にはランクインしていないいものの、女性が結婚したい男性の職業ランキングでは8位にランクインしており「安定性」を求めるということが大きな理由のようだ。それでもかつて「3k」と呼ばれた建設業界の若者の人気の向上は難しく抱くイメージに誤解が多いように感じる。そこで「実際はどうなの?」ということで、現在、土木・建築業界で活躍する若手3人に業界の「実際」とこれからの「夢」についてうかがった。

 

図面で現場の事前確認をする、渋谷建設株式会社工務部の武田康平さん。

 

高速道路基礎工事現場の現場管理をする、渋谷建設株式会社工務部の武田康平さん。

 

「日々学ぶことの連続」、一生の職を目指して。

山辺町出身で現在は会社の寮で暮らす武田康平さんは今年で入社4年目になる。武田さんが土木業界に興味を持ったのは高校生の時。運動が好きで、それならばと中学校の先生に工業高校の土木科を勧められた。学んでいくうちにその面白さを感じ、大学も秋田県の土木科に進学した。講義では土木全般を学び、コンクリートに関する研究を行っていたそうだ。就職は地元である山形で学んできた知識を活かしたいと今の会社に入社した。初めはわからないことだらけ、先輩に厳しく指導をされながらも何度も見て繰り返していくうちにできること、また自分の作った道が出来上がっていくことに喜びを感じるようになった。

 

「学校や大学で学んだ知識ももちろん役に立っていますが、直接現場で学ぶことの方が多いです。何よりコミュニケーション能力が大切だと今は痛感しています。大きいものを作るためには、協力業者の方や地域の方々との連携がないとできません。日頃から話しやすい関係づくりをしていい環境を気づいていくことが大切だと感じています。」

 

「自分の仕事は基礎づくりや土台作りで実際に目に見えているものではないかったりで、そこを通り過ぎるのは一瞬かもしれません。でも完成したらずっと残っていくもので多くの人がその上を通っていくということに大きなやりがいを感じます。自分に子どもができた時、「お父さんが作ったんだぞ」というのが今の夢です。一生の職として今後も頑張っていきたいですね。」

 

 

img_bo_146_2501

施工担当者との打ち合わせや現場管理をする、松田建設株式会社工務部の沼澤亜由さん。

 

性別に捉われず、理想の建築を追求。

今年で社会人4年目、今の会社の入社2年目になる沼澤亜由さん。東北芸術工科大学の建築・環境デザイン学科で意匠建築を学んだ。沼澤さんの就職活動の年はまさに就職氷河期真っ只中。周囲は学科とは関係のない会社に就職が決まっていく中、「自分が学んできたことを仕事にしたい」と考えていた沼澤さんは、「それならばこの難しい時期に就職を無理に決める必要はないのではないか」と考え山形職業能力開発専門校へ。そこでは大学での意匠建築とは打って変わって大工について教養を深め、就職も現場で働く大工に。

 

「その時、少しだけ現場監督の仕事をして、施工管理という職種に興味を持ったんです。前の会社と今の会社が協力会社で仕事をしていて。そしたら今の会社の上司に「ならうちでやってみないか?」ということで誘いを受けて、今はこの会社に来て2年になります。」

 

ガッタ)男性のイメージがある職場、実際男性が多い職ですが、大変なことやハンデはありますか?

 

「建築がしたい、建物を作りたいという熱い想いを持った人たちばかりなので男性だから、女性だからという性別のハンデを感じたことはあまりないですね。体力的な面でも、自分ができないことは他にその道のプロがいるので、どうしてもできないことは頼むこともできます。ただ、まだ若輩者で女性技師ということもありますが、ベテランの職人さんにも指示を出さなければならない立場なので、しっかりとモノが言える等にすることは確かに大変ですね。でも、私自身もそうでしたが自分が作りたい建築があって、それをとことん追求したいという人であれば問題ないと思います。どんどん挑戦して欲しいですね。」

 

「以前、建物大きさもお金も大きな仕事、建物も金額も小規模な仕事どちらもしましたが、結局やることはどちらも同じなんです。金額や規模ではなく、どの仕事にも全力を注いでいます。自分が計画、設計した通り建築物を作るので、少しの失敗が大きな失敗につながりかねません。その時は心臓が「ギュッ」ってなりますね。責任重大で大きいリスクを背負っています。ですが、だからこそ出来上がった時の喜びと達成感はすごく大きいです。頑張ったな自分ってなります。今はまだ先輩の下で行っている見習いですが、早く一人前の施工管理技士になれるよう努力していきます。」

 

測量・調査用ドローンを前に説明をする、株式会社田村測量設計事務所測量調査部の斎藤俊祐さん。

 

「時代の変化に敏感に」、ドローンを操る測量士。

山形工業高校の土木科(当時)に進学し、学んでいくうちに測量に興味を持ったという齋藤さん。宮城県の専門学校でも測量を勉強した。学校からの紹介を受け、在学中に田村測量節気絵事務所に1週間アルバイトとして働いた。するとそこでの姿勢が買われ入社が決まった。

 

「やはり3Kというイメージが働く前はありましたが、実際に働いてみるとそんなことはなかったですね。上下関係が厳しいというイメージもありましたが、皆フランクですんなり馴染むことができました。」

「入社した頃はとにかくがむしゃらに仕事をしていました。入ってすぐに区画整理の仕事についたんです。その時はどんな街並みができるかわからないまま仕事に打ち込んでいましたが、実際に出来上がった時は感動しましたね。やりがいを感じた瞬間でした。他にも、測量というと、現場が道のない山のなかということもあります。大変な作業になりますがやはりやり遂げた時は、やっていてよかったなと思います。」

 

現在は数年前から温めてきたというUAV(無人航空機)、いわゆるドローンを使用した測量を行っている。社内でドローンの操縦が行えるのは齋藤さんのみで、後輩の育成にも力を入れている。ドローンは空撮したデータから3Dモデルやオルソ画像の作成が可能で今後の需要が期待されている。災害箇所や人が立ち入れないような場所での撮影にも役立つ。さらにコスト削減と言った面からも現在大きな注目を集めているのだ。

 

「今はこの業界でもすごくドローンが注目されています。技術の進化も目覚ましいので、数年後、10年後と今後どうなっていくかが想像もつきません。その成長に敏感に対応していきたいです。そしてドローンの受注が自社の柱を担うくらいに発展させていくのが今後の目標です。」

関連記事

上へ