特集の傍流

2020.9.6

変わらずすぐ傍にある、アノ山の頂きを目指して。

2020年10月号(192号)山行ことはじめ。
協力:山形県環境エネルギー部みどり自然課、月山朝日ガイド協会
山形県内各地域の山々

今回の特集タイトルにある「山行(さんこう)」とは、大辞泉によると「山に遊びに行くこと。山遊び」と解説されている。いまだ収束の見通しが立たないwithコロナ時代において、三密を避けた野遊びや山遊びの人気が高まっているという。そこで、登山初心者でも無理なく挑戦できる県内の「山」に切り込み、そのフィールドスペックや魅力について紹介したいと思う。

2020年10月号(9月5日発行号)特集「山行ことはじめ。」についての、傍流レポート(サイドストーリー)は順次更新予定。

 

※トップ画像は姥ヶ岳を背後に月山山頂を望む、今回のgatta!山行取材クルー。

関連記事

上へ