お知らせ

2016.5.9

誌面新連載「近所旅行」のご紹介。

自分が生まれ育った街やいままで何度か通ったことがある道でも、ゆっくり歩いてみたり、いつもの右をふと左に折れて小路に入ったとき、「懐かしいなぁ、まだ残ってたんだ」とか「へぇ、こんなところがあったっけ」といった思わぬ再発見は、子供の頃の“ちいさな冒険”を思い起こすようです。「近所旅行」と称して県内各地を気ままに街ぶらしたり、取材の途中に寄り道したときに出会った素敵な場所や光景。このささやかな高揚感を何かカタチにして伝えたい思いがありました。

 

そしてこの春、「gatta!」2016年3月号からはじまった誌面新連載「近所旅行」では、ガッタ編集人が歩いて綴った街角再発見として書き留めた、いわゆる“自分ノート”を編纂しご紹介。ただ、まんべんなく観光スポットを紹介するものでもありませんし、けして万人受けする記事とは言えませんが、「山形に来てくれた(遠くの)友人」に向けてというのと、「普段クルマのスピードでしか山形を見れていない(近くの)人たち」に向けた二つの思惑で書いています。お付き合いいただければ幸甚です。

過去の記事

上へ