チマタの話題

2016.4.1

SANROKUMARUとYAMAGATTA

号外

ソリッドで、潔くて、突き抜けてて…。豊穣な土地と豊富な食材が揃う山形だからこそ、こんな店があってもいいと思う。1960年代に建てられた山形市七日町「セントラルプラザビル」を改修し、2016年4月に誕生した二つの店舗、日本ワインと和食の店『SANROKUMARU(さんろくまる)』と、日本ワインとナチュラルチーズのストア「YAMAGATTA(ヤマガッタ)」。

 

しっかりと御出汁のきいた和食と、料理との相性を考えセレクトされた日本ワインを堪能できる、1階「さんろくまる」。料理人である大山正さんの味加減と間合いは過言なしで絶妙、その料理を引き立てるのが「アトリエセツナ」のインテリアデザインだ。ファサードから内装、テーブルや椅子に至るまで、設えに係るほぼすべてのデザイン・設計を手掛けただけあって、内観全体と細部にいたる双方で調和のとれた空間。あえて建物の配管や質感を生かした意匠は、「素材を生かし理(ことわり)を料(はか)る」という、和食の心得をインテリアデザインにおいても具現化させたものだ。

 

img_hb_1605_5845

あえて経年による建物の質感が生かされたインテリア。ゆったりと構えたテーブル席の奥は、ワイン&チーズストア『YAMAGATTA』へ通じるステアーズ。

 

img_hb_1605_5822

2階のワインストアには、山形県産ワインをはじめ、厳選された日本ワインが揃うセラーが。会食やワークショップ等に好適なテーブル席も。

 

2階の「YAMAGATTA(ヤマガッタ)」は、日本ワインとナチュラルチーズのストア。山形のウェルダー『カンノウェルディング』の溶接技巧が光る大きなウォークインセラーがあり、山形県産ワインは勿論、多くの日本ワインが販売されている。「山形県産ワインをはじめ、日本ワインの美味しさをもっと多くの人に知っていただきたいし、和食と日本ワインの相性の良さも楽しんでいただきたい」とは、日本中のワイン畑を細々と巡り続けてきた、オーナーでありソムリエの資格も持つ小松正樹さん、千鶴さん夫妻。コインで利用できる角打ちカウンターで試飲を楽しみながら、好みに合わせたワインを提案してくれるので、新しい日本ワインとの巡り会いが一層楽しくなるかもしれない。さらに、千鶴さんは難関といわれるCPA認定チーズプロフェッショナルの資格も取得、今後は店内で手作りしたフレッシュチーズを切り売りして販売していく予定だという。

 

img_hb_1605_6979

『SANROKUMARU』と『YAMAGATTA』の店舗カードは、柔らかめのボード紙に白箔・黒箔押し。

 

両店の立ち上げにあたり、『gattahouse』では業態に関する各種プランニングや、CIなどグラフィックデザインの領域でお手伝いさせていただいた。極めてシンプルなロゴには、ソリッドなインテリアデザインとの相性を熟考し、オーナーである小松夫妻の想いを投影。人やモノが共鳴し合い、そこから何かが生まれそうな心地良い空間に期待したい。そして、微力だけれども、この店の生誕にかかわることができたことに心からの感謝を。

 

さんろくまる(SANROKUMARU)

山形県山形市七日町2-1-19 センントラルビルウエスト1F
電話:023-674-8157
営業:18:00〜23:00
定休:日曜


過去の記事

上へ