チマタの話題

2019.1.7

アウトドアの「スノーピーク」が県内初出店。

2019年2月号(172号)掲載

 自然、社会、暮らしのあらゆる分野から、生活環境をトータルケアし、ワンストップのサービスを提供する『株式会社荒正』。その時代の必要性に応じて、建築、土木、林業、介護、観光、バイオマス事業と多岐にわたる事業を展開する。最近では、アウトドア総合メーカーの株式会社スノーピーク、東北芸術工科大学とのコラボで、山形市前明石地区に、県内初となる高性能エコハウスとアウトドアリビングが集積する住宅街「エコタウン前明石」を開発中で、今年1月から予約販売も開始する。また、昨年12月には、山形市元木に「snowpeak」の商品を取り扱うフランチャイズ店『4SAISONS(キャトルセゾン)』の出店を迎えた。

 

オープンの2018年12月21日には開店に先立ち内覧会を開催。木の香りが漂う店内にはテントなどのアウトドア用品やアパレルなどが並ぶ。

 

 

 新潟発の世界でも名高いアウトドアブランド「snowpeak」が、新しく提案する生活様式“アーバンアウトドア”をコンセプトとするキャトルセゾン。スノーピークのアーバンアウトドアショップインショップ(UrbanSiS)として山形県内初出店となる。スノーピーク定番のキャンプ用品はもちろんのこと、普段の暮らしをより豊かにするため、日常生活にアウトドア用品やスタイルを取り入れる楽しみを提案する。UrbanSiS限定商品、アパレルなど700種以上の商品を取り扱い、売り場面積は全国のUrbanSiSでも最大級を誇る。そのほか、スノーピークのモバイルハウス「住箱」も初展示。今後カフェなどとしての活用を検討中だという。「お客様が参加できる様々なイベントを企画しております。皆さんと一緒に山形のアウトドアシーンを盛り上げていきたいと思います」と語ってくれたのは店長の神尾裕樹さん。単なるアウトドアショップとしての立ち位置を超え、「エコタウン前明石」との連携で、新たな街づくりのスタンダードモデルとしても注目していきたい。

 

店長をはじめ4名のスタッフが、アウトドア関係のアドバイスをしてくれる「スノーピークマイスター」としての資格を取得し、通常2名が店舗に常駐するという。キャンプ用品を家庭で上手に使いこなす“野遊びできる家”など、スノーピークが勧める新たな価値観も提供してくれる。

 
 

4 SAISONS (キャトルセゾン)

山形県山形市元木2-10-49
電話/023-676-4122
営業/11:00〜20:00
定休/木曜
http://www.4-saisons.net


過去の記事

上へ