チマタの話題

2019.3.8

木の温もりを感じる設え、上質な居心地のブティックホテル。

2019年4月号(174号)掲載

 飯豊連峰や田園風景が広がる飯豊町。自然豊かな街並みの中に、ビジネスシーンや観光の拠点として利用できるのが『HOTEL SLOW VILLAGE(ホテル・スロー・ビレッジ)』だ。2017年のオープン以来、デザイン性の優れた小規模ホテルとして存在感をアピールしている。
「リゾートアウトドアスタイル」をコンセプトに、1階の「スローラウンジ」には、WiFiやモバイル端末用の電源コンセントを完備。パソコン作業や読書、ミーティングにも利用できる多目的スペースが広がる。また、宿泊客以外の人もワンドリンク500円でラウンジを利用することができる。

 

 

 

 

客室はシングル16室、ツイン3室とVIP用のデラックスルーム1室を用意。

 

壁の一部が吹き抜けになった「スカイデッキ」は、澄んだ空気を肌で感じたり、夜には満点の星空を鑑賞することもできるコミュニティスペース。悠々とした自然を満喫できる。

 

 今後の展開として、「飯豊町のアクティビティーや観光情報を県内外に発信して、地域経済の振興と循環を目指したい」と語る代表の堀江守弘さん。春を迎え、置賜の自然を愛でる小旅行にぴったりの宿として注目の旅荘だ。

 

代表の堀江守弘さん。

 


 
 
 

HOTEL SLOW VILLAGE

山形県西置賜郡飯豊町大字萩生3549-1
電話/0238-87-1730
チェックイン/16:00 チェックアウト/10:00
http://hotel-slow-village.com


過去の記事

上へ