だれかの散文

加藤紀子@山形

2016.7.4

第3回:どっちが早い?


「あなたの前世は回遊魚ですね」と言われたら「ああ、やっぱりそうでしたか。通りで今もその名残があるってもんです」と素直に受け入れそうなほど人生の多くの時間、同じ場所にとどまる事なく移動という名の仕事もしくは旅をしている訳ですが、どこまでそれが好きなんでしょうね。国内外お誘いを頂くロケはシッポをブンブンとふる子犬のように参加させてもらうし、なんなら前後休みを取ってまで一人旅をする事も多々あるレベル。夫が地方でDJだ!と聞くと「お荷物御持ちしましょうか?」と嘘ついてまで一緒に出掛け、その土地の美味しい物を頂いたり、なんなら友達まで作って「じゃあ、また来まーす!」と夫以上に満喫している有様。

 

いやね、疲れるんですよ、慣れない土地での様々を見落とす事がないようにアンテナを張り巡らせて過ごすって。どこもリラックスしてないですから。特に頭の中では「ここの事を文章で伝えるにはどう説明すれば良いかなあ?」とどこかの原稿にいつの日か書けるよう常に考えるし、「今しっかり食べておかないとねえ」と胃は一つしかないのに必死に収めておこうとするし、つくづく旅って人をどうにかさせますね、善くも悪くも(特に食べる事においては単に食いしん坊なだけだと思う)。

 

今はネット環境がどこへ行っても繋がっているので、思いついた時に友達にラインやメールで写真を送って雰囲気や空気を伝えたりするのが当たり前になっていますが、その昔(って言ったってそんな昔じゃないけど)は海外に行くと見た光景に近い絵葉書を買って、家族や友達にどんな旅をしているのかを毎度伝えていました。先日実家に送った30枚近くの絵葉書を見返したら、その内容のほとんどが「今回もやっぱり食べ過ぎています。日本に帰ったらダイエットだー!」と書いてあり、どこまで行っても私だなぁと自分を自分で褒めてやりたい気持ち(もしくは慰めたい気持ち)になりました。

 

ここひと月は新幹線や飛行機を使って、東京→鹿児島→名古屋→鹿児島→東京→ソウル→東京→名古屋→徳島→東京→鹿児島→名古屋→石垣島→東京→名古屋→長野(詳しくはブログを是非!)と人ってこんなに移動出来ちゃうのね!やっぱり旅が好きなのね!次はどこへ行こうかなあ?なんて思っておりましたが、なんですか・・昨今においては・・ありとあらゆる街や土地の名品および名産がデパートの催事場に・・来てくれるんですか・・?

 

この間は東京日本橋にあるデパートで山形物産展(天童にある「水車生そば」さんのイートイン)があったり(勿論並んで鶏中華を食べた)大石田の御漬け物屋「いげたや」さんのペソラ漬けが買えたり・・名古屋のデパートでも山形物産展やってたし・・

 

今、山形のお友達から美味しいサクランボ「紅秀峰」がお家に届いたし・・

行かずとも手に入るって・・
流通の素晴らしさって・・
なのに私、グルグル廻ってるって・・謎!


加藤 紀子

プロフィール:

加藤紀子

92年に歌手デビュー。歌番組やバラエティー番組、ラジオなど幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。現在は、東海テレビ「スイッチ!」、NHK-FM「トーキング ウィズ 松尾堂」にレギュラー出演など幅広く活躍中。

加藤紀子ブログ「加藤によだれ」
http://ameblo.jp/katonoriko/

バックナンバー
過去の記事

上へ