独自の工夫で進化するローカルスーパーの魅力。

2024年8月号(238号)
特集|山形の台所
山形県内全域

他県に比べて地元資本のスーパーマーケット率が高い山形県。魚、肉、野菜、調味料等々、賢く買い分けして利用している人が多い印象だ。店舗数ではヤマザワが44店舗と県内ではトップシェアを誇り、次いでイオン系(イオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ)の31店舗。

ローカルスーパーは県民を知り尽くしている

そして3位にヨークベニマル22店舗、4位におーばん20店舗と続く。確かに市街地を車で走ればスーパーの看板がしばしば目に入る。身近な存在であることの証明として、店舗形態別買物割合のグラフには、最寄品※ の多くが「総合スーパー」で購入されているとの結果が現れており、私たちはスーパーを頼りに暮らしているといっても過言ではないだろう。今回はそんなスーパーのなかからとくに店舗の個性、キャラクター色の濃い地元9社に協力いただき、それぞれの強みについて話を伺った。

※日常的に使用する製品。洗剤、雑誌、食料品など。

ショッピングセンター吉田にある自社ブランドコーナー「お肉の秘密基地 The Area29」。山形牛・米沢牛などのより上質でプレミアム感のある牛肉を取扱う。
『週末びっくり市』最大の特徴、精肉の対面販売コーナー。卸問屋ならではの品揃えと品質でニーズに応えている。天童店にて。

gatta! 2024年7月号
特集|城郭の記憶

gatta! 2024年7月号
特集|城郭の記憶

(Visited 157 times, 1 visits today)