チマタの話題

2018.10.11

長井の街と人と出来事がクロスする場所「cross-ba」

2018年11月号(169号)掲載

 長井市本町の中心商店街に完成した、「cross-ba(クロスバ)」。市内商店街の若手事業者が設立したまちづくり会社「俺たちの株式会社楽街」が、長井市内に賑わいを生み出し人が集う場所を作ろうと建設した複合商業施設だ。施設内には(一財)置賜地域地場産業振興センターが運営する観光案内所「まちの駅」が8月にプレオープン、10月14日にはグランドオープンを迎える。さらに、会員制のコワーキングスペースが稼働するほか、レンタルオフィススペースや新たに起業したい人に向けたチャレンジスペースへの入居も募集する。
「長井市は人口減少が続いていますが、以前のような賑わいを取り戻すために、人が集う中核となり情報発信ができれば」と語るのは、楽街代表の鈴木英明さん。中心市街地活性化のため、イベントの拠点施設としての活用など期待は大きく膨らむ。

 

代表の鈴木英明さんが経営するのはcross-baのすぐ近くにある『和菓子司風林堂』。老舗の和菓子店だが地元素材のフレーバーを使ったジェラートも楽しめる。

 

1Fは、県内では珍しい「まちの駅」。ここには、まちの案内人が常駐し、観光案内はもちろん商店街での買い物のアドバイスなどガイドブックには載っていないコアな地元情報も提供する。

 

奥のチャレンジショップのスベースは現在長井市の古い街並の写真が展示中。営業は10時から16時、定休日は毎週月・火曜。

 

店舗のあいだをぐるりと囲む「まちなか広場」は地域住民の憩いの場。買い物客以外の人も気軽に立ち寄れる。

 

2Fにある会員制のコワーキングスペース。フリーランスや新規創業者、在宅ワーカーなど月々定額(初期費用5,000円は別)で利用できる。レンタルオフィススペースの入居者も募集中。最新の情報はwebサイトか電話で確認を。

 
 

cross-ba(俺たちの株式会社 楽街)

山形県長井市本町2-2-14
TEL0238-87-1220 / FAX 0238-87-1221
http://cross-ba.com



過去の記事

上へ